釣具の高価買取なら豊富な経験と実績を持つアイリング

査定に経験が必要な和竿、高額だから注意が必要な紀州和竿

買取激戦区の浅草で買取業をし、わざわざ遠方から車いっぱいに和竿をお持ちいただいたお客様もいらっしゃいました。和竿の買取に関し力を入れてる店が多くないからでしょうか?ずいぶんと口コミをみて問い合わせをいただきました。紀州和竿に関しては相当な取扱をしてきました。買取をさせていただくと販路が必要になり多数買い取りさせていただいた事により色々なお客様とのめぐり合わせが増え少しづつですが成長してこれました。

和竿の買取はリスクとの背中合わせで和竿を知らない方が高額買取をしてしまうと大赤字になってしまうことが多いです。よくよく見たら穂先が火入れがなど注意点が多いのが和竿です。ちょっとした見落としが販売不可能に、販売可能品にするための費用負担が販売価格を上回ることも少なくありません。竹竿の良し悪しもずいぶんと勉強してきました。名のある作者から順に節の揃った良い竹を仕入れられた時代の作品などは勉強すればするほど見とれてしまいます。名のある作者の竿は良い竹が使われているということにも繋がるあたりも面白いです。

バスロッド、シーバスロッド、タナゴ竿、ヘラ竿、竿全般、リール全般、竹竿、合成竿、竿掛、玉の柄、浮子、大手釣具買取店なども多くありますが買取価格では負けていないようですし今となっては勝負に勝てる自信があります。電話でのお問い合わせは申し訳ありませんが大まかにしか伝えられず無駄になりますので現物をお持ちの上ご来店くださいますようお願いします。