何故アイリングはクオーツ時計を高く買取できるのか?

 

クオーツ時計は安い傾向に有ると書いています。

それは街中で数千円で売られている時計はほぼクオーツ時計です。ついつい、デザインにつられ、安さに惹かれで購入された時計が多いためで、もちろんブルガリ、カルティエ、ティファニーそして店長の好きなコルムなどのブランド時計はクオーツでも非常に高額買取になります。

さて、買取にお持ちいただく時計が不動の(動いていない)場合、動いている状態なら3万円で買取できる時計でも不動の原因が時計の診断機がなく知識のない買取店ではどうなるでしょう?不動の原因が分からなければどの買取店もリスク回避のため、最悪を想定し安く査定見積りすることになってしまいます。3万円の買取相場のある時計も分解洗浄と部品交換で3万円以上の費用がかかるため0査定になりかねません。動いていない=ジャンク)の査定をされては間違いなく損する事になります。

*実際、電池交換で動いた高級時計を1000円買取と見積もられているようなお客様が跡を絶ちません。

アイリングでは不動時計もお客様から許可をいただき目の前で【バックヤード(別の部屋)に時計を移動させません】裏蓋を開け電池交換をさせていただき時計を診断機にかけ動かない原因を把握する作業を行います。

(*単価の低い時計は診断作業を省かせていただきます回路がいきていればオーバーホール、回路信号がでていない場合は回路の交換が必要などと判断していきます。また部品取りとしては需要のある時計も多いので壊れている、ガラスが割れている、竜頭【(リューズ(ネジ巻き)】がない、など不具合のある時計でも必ず買取金額が発生します。ただ今キャンペーンで100円ショップの壊れた時計でも100円買取保証

何故アイリングは手巻時計を高く買取できるのか?

 

古いアンティーク時計は不動であっても部品取りとしての需要があります。どの様な時計でもどの様な状態でも買取します。裏情報的になりますがメーカーが潰れた。各メーカーは個人で修理を行う時計技師に純正部品の提供をしなくなっています。(メーカーによるお客さまの囲い込み)そして、メーカーから手に入らない欠品部品をもし一から作成する場合の費用は非常に高額で、修理技師、修理依頼者、双方が安価での修理ができなく困ってる方が多く居ます。ぜひ、お譲りください。

何故アイリングは自動巻(オートマ)時計を高く買取できるのか?

確かな知識+技術+診断機+自社メンテナンス

自動巻(オートマチック)時計は不動でも部品取りとして需要があります。理由は手巻き時計でもご紹介したとおりでどの様な時計でもどの様な状態でも買取致します。大まかで語弊がありますがメンズとレディースではメンズの方が高い傾向にあります。機械式の時計は下記画像のタイムグラファーなどで精度の確認をきちんとして、しっかり買取価格に反映させますので高額買取をさせていただけます。

稀に高く売りたいと買取に出す前に動く状態に(オーバーホールなど)して買取にお持ちするお客様がいますがアイリングに買取りに出す場合は費用対効果で考えると良い結果にはなりません。理由はお車を売るときと同様、車のバンパーが凹んだままで売るのとバンパーを修理して売るのと査定金額に大差がないのと同じで単純に一般の方がオーバーホールでかかる費用とアイリングが自社でオーバーホールにかかる費用が大きく違う為です。また車同様バンパーの凹みを新しいものに交換するのではなくエンジンが不動になった車のバンパーから付け替えるなどコストダウンの選択肢が増えることがあげられます。このような事が時計にも当てはまります。さらに掘り下げますと最近のクオーツ時計によく使用されているSR626SWの電池自体の仕入れ値は100円程度です。それを時計修理屋で電池交換すると500~2000円程度の費用負担になります。

*お客様から承諾をえられない場合はもちろん裏ぶたの開閉は行いません。ただ、リスク回避のため査定額はどこの買取業者とも大差のないリスクを考慮した査定額になることがあります。

👉時計のお得なキャンペーンとお客様の時計の属性診断👈

ちょっと一息豆知識

※余談ですが時計の電池が切れたまま数年放置しますと電池から液漏れしその液体が固形(白い粉の出た電池)してしまう事によりオーバーホール(分解洗浄)などが必要になりその費用が買取金額を下げ、修理費が査定額を上回る事が多くあります。特にインポート(海外)時計を購入後一度も国内で電池交換をせず放置した場合液漏れの可能性が一段と高くなります。時計は放置しても置く場所に困らないという点でついつい放置してしまいがちですがそれが本当に良くなく少しでも早く売るか使う方に譲りましょう。いつかは使う、、、はすみません、ほぼ日の目を浴びる事がありません。クオーツ時計の場合は最悪でも電池だけは抜いてもらいましょう。(アイリングの電池抜き工賃は500円税別)

機械式の時計も使わないで放置したままはよくなく、コレクターには知られていますがワインダーという機械で常に時計が動いた状態で保管する人も多くいらっしゃるように止まったままの状態での放置はよくありません。

最近では投資で時計を買う方もいらっしゃいますが時計は使ってなんぼ、ぜひ時計と一緒に時を刻んでほしいと思います。

⊛ワインダーで常に動かしておく。ですが個人的には部品の摩耗につながるのです。結局どっちなの?と思われますがどちらにしても持ったままでは時計が生きないのでシーンに合わせてお持ちの時計をどんどん使いまわしてほしいと思います。

  

 👉時計のキャンペーンとお客様の時計に対する属性診断👈 

 

 

ここをクリック👇

最近買取した時計一覧