こんにちは店長の岡本です。台東区、浅草もすっかり人が減り寂しいかぎりです。飲食店、レンタル着物、観光バスなども大大大・・・打撃のようです。外人の方からの買取はほぼないので業種的に影響がないと思っていましたが武漢で新型のコロナがと報道された頃からお客様が激減していました。それでも安心資産の貴金属は逆に高騰していたので危機感はありませんでした。ですがその頃からおかしいなぁと店の看板の確認に行くような日が増えていました。そしてマスクが無くなった頃からは本格的に来客数が減ってました。

さて、そのような中この連休はと言いますと来客数がある程度戻り私はお客様との話が好きなので色んな情報をいただいています。

お客様が言うには売れるかなと思えるものはあったんだけど売らないでも困らないじゃない。なんだか恥ずかしいんだよ。でも今回のこの件で物もお金もなんだか信用できない気が・・・。みたいな会話をする事が増えました。

アイリングは買取をしていますが、遺品整理業もしており整理の現場にはたくさんの買取対象品があるのは知っていてぜひ買取店に事前に相談をとお客様に伝えてはいますが何故か売ろうとされる方っていらっしゃいません。

これだけの買取店がありリサイクルショップもあり、家には売れるものもあり、別に使ってるわけでもないけどそのまま何もしない方が本当に多いのです。今回のこの件でおそらく日本は、いや世界的にも今までにないほどの不景気になるのかもしれません。

不景気が予想される今、家にある価値有るものに少し目を向けようというような方が少しづつ増えだしてるような気がしています。

ひょっとすると逆風が吹いてるしれません。